沖縄のお酒とビール

琉球王国時代から続く伝統のお酒、泡盛

旅行先のお酒を味わうのも旅行の楽しみの1つですよね。沖縄には焼酎や日本酒をはじめ様々な銘酒がありますが、沖縄と言えばやはり「泡盛」が有名です。泡盛は琉球王国の時代から作られていたお酒で、江戸時代には徳川家にも献上されていたという記録が残っています。泡盛はタイ米に黒麹を混ぜ、発酵させて出来たもろみを蒸留することで作られるお酒です。すっきりとした味わいで口当たりも良く、男性にも女性にも人気のお酒となっています。 3年以上貯蔵した泡盛は古酒と呼ばれ、まろやかな味わいがあることでも知られています。また、泡盛は色々なメーカーで作られていて、味わいにバリエーションがあることも人気の理由の1つです。ぜひ色々な種類の泡盛を味わって、自分に合った1本を見つけてみてくださいね。

沖縄ならではの個性あふれる地ビールたち

泡盛ばかりが注目されてしまう沖縄ですが、実は沖縄はビールの名産地でもあるんです。大手のビールメーカーが本拠地を置いていることは有名ですが、地ビールを製造するメーカーがいくつもあることはあまり知られていません。そんな地ビールは、沖縄本島だけではなく宮古島や石垣島でも製造されています。地ビールはメーカーによって味わいが全く違うので、行く先々で飲み比べてみてはいかがでしょう。また、沖縄では名産品である「ゴーヤー」を使ったビールも販売されています。個性豊かな地ビールを楽しめることも沖縄の魅力の1つです。沖縄旅行へ行った際には美味しい料理だけではなく、沖縄でしか味わえない地ビールを楽しんでみることもオススメします。

久米島のツアーに参加を希望する場合には、旅行会社のツアーに参加をしたり現地に住む人に案内を頼むなど様々な方法があります。